市場全体を対象に製品やサービスを提供する手法

市場全体を対象に製品やサービスを提供する手法

このターゲット。ですが現代ではニーズは多様化し顧客の嗜好も様々、市場全体を圏内にサービスするのは厄介と言う風になってきましたね。

昔はモノを作ったらその分売れていましたがそういう時代は市場全体的に製品、サービスを提供すると言うやり方でした。マーケティングのやり方は市場からニーズを分割化してグループ分けをします、この区分の事をセグメンテーションと言う風に呼び、それが分かればそのセグメントの特徴などを検討します。

昔の売り方をマス・マーケティング、現代はターゲット・マーケティングへと変化してきました。これを繰り返して自社にとって強みである分野のセグメントを選択、顧客も満足する自社の得意分はをハッキリさせる事をターゲディングと言います。

更に抽出したターゲットに合うサービスy製品を考えて位置づけ、これをポジショニングと言いますね。闇雲に競争するよりも得意分野で力を発揮して高評価を貰う事なのです。