異なる戦略定石が必要

異なる戦略定石が必要

例を挙げると、リーダー戦略の要諦というのは、フルラインや同質化、非金額応対、総需要拡大、周辺需要の拡大などが挙げられます。市場におきましては、リーダーやチャレンジャー、ニッチャー、他にもフォロワーといった位置づけがされていますが、これら4つ各々異なる戦略定石が不可欠となってきます。

チャレンジャーの事例、まちまちなテクニックで差別化を模索する必須があり、ニッチャーは限定しれている領域内においてはリーダー戦略をするべきであり、フォロワーはわずかでも製作必要経費や広告費用をかける事なくリーダーの主要製品を模倣する事が望ましいのです。市場地位に相当の戦略定石を行わなければ間違いしてしまう、というのが市場地位別の戦略といっても大げさではないのです。

その所以として、金額勝負になった時に、切っての打撃を受けてしまうのはリーダーであり、市場の拡大に成功した時に切っての結構ところがあるのも他にもリーダーという所以があります。これがいわゆる働き方革命といえるのかもしれません。

市場需要の総量の拡大、加えて周辺需要の拡大にターゲットを絞るべきなのです。これはつまりリーダーというのは、普通にはフルラインにおいてアイテム用意を続け、新機軸で攻め込んでいく競合が発見されたらとっくにさまに真似をして取り込む不可欠があり、占有率競争をするにあたって低費用勝負をしてはいけません。