紺屋の白袴であることが当然

紺屋の白袴であることが当然

コトラーのマーケティング戦略と呼ばれるものは、「マーケティング」といった現代的カテゴリーのナンバーワンになるポジショニングを狙っていたのではないかと腹積もりられています。働き方革命の中では、「経済学者や経営学者の中で、ビジネス住宅として開始出来た人で名経営者に上り詰めた者はいない」「まともに経営をする事が可能な経営学部はない」などなど、紺屋の白袴である事がもちろんのように言われています。

実のところのところコトラーは、行動科学や数学、組織論を徹底的に勉強しでいき、社会科学的な基礎がまだまだ弱かったマーケティング界においてアカデミックな裏付けを与える事によってイノベーションを起こしました。今めかしい・マーケティングの祖となり、マーケティング混ぜ合わせと呼ばれる具体策の前に、STPの中でもP(ポジショニング)を定める事が切っての肝心になってくるという事を、自ら実現して見せました。

けれども、そのような現実の中でも、戦略居宅のコトラーというのは、自ら助言したマーケティング戦略を、見事に行えるし成功を手に入れてきた希有な例と見る事が出来ます。